スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能登は「まれ」のまち

  1週間前に50年来の付き合いのある同期会6人で、能登の旅に行って来ました。
北陸新幹線開通に湧く石川県ですが、敢えて電車を避けて空路で「能登さと山空港]へ。
お天気は最高で、現地では、バスツアで能登半島を一周。中国の留学生8人と同乗し、仲良く旅をしました。
八重桜が満開で綺麗でしたよ。白米の千枚田、漆工房、巌門、輪島の朝市などを周って再び空港からお帰り。
空港からはバスで自宅のある駅まで。これ楽ですね。1600円で帰れました。
桜の時期も終わっていたので、比較的に空いてましたね。「まれ」の看板だけが目立ってましたがね。
午後4時に羽田をたって、翌日午後6時に羽田に帰るという「弾丸ツアー」でありました。

1-能登観光Jpeg16194
長い階段を降りると広重の描いた「巌門」に下りる。帰りがきつかった。

1-能登観光Jpeg16208
初日は巌門だけで和倉温泉のホテルへ。能登半島に落ちる夕陽.。牡蠣の養殖筏と風力発電のプロペラが見える。見えない?見えるでしょ。

1-能登観光Jpeg16220-001
翌朝、漆塗り工房へ。お値段を見ると手が出ませんね。

1-能登観光Jpeg16216-001
漆を絞る工程。

1-能登観光Jpeg16219-001
塗の工程など詳しく説明してくれた。買えるのはお箸くらいですよ。

1-能登観光Jpeg16223-001
輪島の「朝市」へ行く途中の川に八重桜が満開でした。

1-能登観光Jpeg16224-001
お得意の下水道の蓋です。「御陣乗太鼓」。自分の影が写るので斜めになってしまった。

1-能登観光Jpeg16230
「朝市」が並ぶ通りです。

1-能登観光Jpeg16234-001
「蛸の干物」。このまま空に飛ばせるかも。

1-能登観光Jpeg16240
「白米の千枚田」。まだ水が半分しか入ってなかった。数えると千枚以上あるそうです。

1-能登観光Jpeg16256-001
稲穂が出てくる時期が一番美しいのでしょうか。

1-能登観光Jpeg16271-001
川沿いに大量の「鯉のぼり」が泳いでました。

1-能登観光Jpeg16288-001
能登半島の最先端「禄剛崎」。ここから朝日も夕陽も見えるそうですよ。

1-能登観光Jpeg16287-001
こんな表示もありました。東京は322kmです。釜山は近いですね。

1-能登観光Jpeg16298-001
「ランプの宿」です。予約が取り難いそうです。屋根瓦が黒いのは、雨が多いための浸み込み防止に能登では、瀬戸物を使っている。

1-能登観光Jpeg16321-001
「のと里山空港」には、「まれ」のデコレーションケーキが飾ってあります。有名なパテシエの辻口さんはここの出身でお店もあるそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

西恋おじん

Author:西恋おじん
当ブログにようこそ!!
旅行の写真や散歩の写真を気の向いた時に載せています。
余生を楽しく暮らしましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
今日のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。