スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曽の御嶽山から奈良井宿へ

  ♪ 木曽のなぁ~ァ なかのりさん  木曽のオ・ン・タ・ケ  ナンチャラホイ ♪ と歌われる御嶽山に登りましたよ~。なんと2,150メートル(八合目)ですよ。ロープウェイって便利ですねぇ。
あまりにも有名ですが、見るのも初めてです。標高は、山頂が尖がっている剣ヶ峰で3,067mあるそうです。最後に水蒸気爆発を起こしたのが、1979年で1,000mまで吹き上がったそうですよ。八合目とはいえ、眺めは最高でした。
旅の最後は、奈良井宿です。
奈良井宿は、戦国時代に武田氏の定めた宿駅となっており、集落の成立はさらに古いと考えられています。
中山道最大の難所といわれた鳥居峠を控え、峠越えに備えて宿をとる旅人が多く、「奈良井宿千軒」といわれるほどの賑わいを見せていたそうです。現在も宿場当時の姿を残した建物が、街道の両側に建ち並んでいます。
*non_nonさんのソースをお借りしています。小さい画面にマウスオンして下さい。

1-御岳山などJpeg5308
御岳山の山並みです。ここから往復2400円のロープウェイに乗ります。


<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
麓からロープウェイに乗って、八合目まで行きました。途中、南アルプスの山々が見えます。 最後は、御岳山の頂上を、間近に見ることが出来ました。
♪夏でも寒いヨイヨイヨイ!!

<
奈良井宿に入るには、この橋を渡ります。1
< < < < <
スポンサーサイト

木曽路と南信州の旅続編

  木曽路の旅は、翌朝は雨も上がり、絶好の紅葉日和になりました。
先ずは、中山道、木曽路に「木曽八景」といわれる景勝地があり、その一つの「寝覚の床」へ。
このは、巨大な花崗岩が、木曽川の激流に削られて出来た自然の彫刻といわれる所です。国の名勝史跡天然記念物となっています。
続いて、木曽の上松町にある「赤沢自然休養林」へ。ここは、江戸時代から伊勢神宮の遷宮の際に御神木として伐採されていた場所で、日本最後の森林鉄道が走っていた所です。今は、観光用のトロッコ列車として活躍しています。森林内には緑道が整備されていて、丁度、奥入瀬のような景観が味わえます。
*いつものように、non_nonさんのソースをお借りしてます。小さな画面にマウスオンして下さい。
1-御岳山などJpeg5285
奥入瀬を思わせる「赤沢自然休養林」を散策しました。

<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
「赤沢自然休養林」は、トロッコの終点からのんびり歩いても30分くらいで、元の駅に戻りますから、絶対にお勧めのコースです。


< < < < <
浦島太郎が弁財天像を残したという伝説がある「寝覚の床」です。

紅葉の旅は続く

  いつも遊んでくれる健ちゃんや秀雄ちゃん達6人で信州・岐阜方面に紅葉バスツアーに行って来ました。
立川発のバスで中央高速から先ずは天竜川に出て、天竜下りを楽しみます。天竜川は、諏訪湖を源に遠州灘にそそぐ全長213Kmの日本第9位の河です。♫てんりゅ下れば、よほほいのほいのさっさ~♪で有名ですね。
春は桜が見られていいようですが、秋は紅葉はあまり見られません。30分程の船旅ですが、波が来ると乗客全員で、ビニールシートを被りながらの船旅です。
初日は、この後、中山道の江戸から42番目の妻籠宿へと廻り、お泊りは下呂温泉でした。
1-御岳山などJpeg5163
天下の天竜川は、船頭さんの竿次第。赤い橋は天竜橋です。


<
弁天港から乗船します。1
< < < < <
< < < < <


ドウダンツツジが真っ赤になっていました。1

迎賓館(赤坂離宮)の一般開放日

 11月1日~3日まで、国の迎賓館(赤坂離宮)の一般開放(庭のみ)がありました。 迎賓館は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった所です。
明治42年に東宮御所として建設されたもので、鉄骨補強の煉瓦造りで、地上2階、地下1階の耐震耐火構造です。建築様式は、日本で唯一のネオ・バロック式の西洋風宮殿様式です。
 現在では、世界各国の国王、大統領などの国賓がこの迎賓館に宿泊し、歓迎式や外交の舞台となっています。
赤坂に行く前に恵比寿ガーデンパレスで食事をしましたが、もうすっかりクリスマスムードで、恒例のバカラの鐘も飾られていました。
迎賓館の正面です。やっと間に合って入れました。
<
門から迎賓館まで100mほどあります。1
< < < < <
< < < < <
恵比寿ガーデンプレイスで昼食をとりました。1

中禅寺湖から華厳の滝へ

ツアーバスは、紅葉の中を中禅寺湖から華厳の滝へと向かいます。
中禅寺湖は、2万年前に男体山の噴火で堰き止められた堰止湖で、国内高山湖で最大の11.5平方キロメートルの面積を誇り、最大深度も163mあります。湖内の浮島(上野島)には、勝道上人の納骨堂や慈眼大師の墓などがあります。
 華厳の滝は、袋田の滝・那智の滝と並び日本三大名瀑といわれ、中禅寺湖から流れる大谷川にあります。落差は97mで、滝壺まで降りるには、エレベーター(往復530円)で、100m下りて行きます。
まぁ、ここまでは、よかったのですがね、帰りの高速で事故渋滞にはまり、華厳の滝を3時半に出たのに、西国分寺に着いたのが、9時でした。お尻がいた~い。
*noin_nonさんのソースをお借りしました。小さい画面にマウスオンして下さい。
1-日光Jpeg5118
上から華厳の滝を見下ろす。
<
<
<
<
<
<
中禅寺湖の湖畔は紅葉真っ盛りでした。1
<
<
<
<
<
<
滝壺を少しアップして見ると迫力があります。1
< < < < <
プロフィール

西恋おじん

Author:西恋おじん
当ブログにようこそ!!
旅行の写真や散歩の写真を気の向いた時に載せています。
余生を楽しく暮らしましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
今日のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。