スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度、犀川白鳥湖へ!

             修正版です。
  西恋隊長以下隊員2名は、狐島に白鳥群が駐屯しているのを確認し、急に腹が減ってきたのを感じ、
食料調達に向かった。近くに大王わさび農園というのを発見し、斥候を出すと、営業中であるとの報告で
そこで昼食を摂ることに決定。信州ソバとわさびの葉のてんぷらを食べる。味はまぁまぁ。
隊長のみ熱燗を呑んで体の中から暖めるが、隊員は、戦車の操縦があるため、お茶で我慢させる。
一息付いたところで作戦会議。ここでも隊長の決断で、最初の犀川へ戻ることに決定。
到着すると午前中より、人が多く集まっていて、グァグァ~という鳴き声も聞こえる。
隊長の読みどおり戻ってきていたのだ。
これで満足して、家路を急ぎました。鳥インフルエンザの問題もありますが、何とか早期解決を出来ない
ものですかね。白鳥を求めては、終わりです。
*non_nonさんのソースをお借りしてます。サムネイルにマウスオンして下さい。
<
昼食と隊長だけ呑んだ大王わさび農園。1
< < < < <
< < < < <
スポンサーサイト

狐島の休耕田に白鳥はいた。

犀川での白鳥探索を諦めた探検隊?は、西恋隊長の的確な判断で、地元民が教えてくれた、次なる攻撃地
御宝田遊水地へ向かう。到着後、即座に看板を検分すると、本日の白鳥様は496名様となっている。
が、しか~し。いるのは鴨ばかりではないか。普段ならこれだけの鴨の大群を見ればそれだけで満足する筈だが、
今回の攻撃目標は、白鳥である。といってるうちに鴨の大群に取り囲まれる始末。
隊長思わず全軍(隊長を含めて2名しかいない)に「引けぇ~!引けぇ~」と退却命令を出す。この辺が的確な
判断ですね。という訳で、最後の砦、狐島の休耕田へと向かう。途中、道が分からなくなり、地元の古老に聞くと
「白鳥なんて見たことねえな。あんた達どこから来たんかね?」と逆に聞かれ「東京」と答えると「ご苦労な
こったなぁ」といわれ、ガックリ。観光協会に聞いてやっと、分かる。
話が長くなりましたが、氷の張った田圃にいっぱいいましたよ。まぁ見て下さい。
*サムネイルにマウスオンして下さい。一挙放出です。(non_nonさんのソースです。
<
御宝田遊水地勇んで行く。看板に496羽と書いてる。1
< < < < <
< < < < <

<
奥の方で、鳩首会談ならぬスワン会談をやっていた。1
< < < < <
< < < < <

犀川白鳥湖

近くに住む友人から電話があり、スタッドレスタイヤを履いたので、雪のある所へ行きたいがどうかという嬉しい 知らせ。フォーサーズ・カメラ(ミラーレス)も買ったので試し撮りをしたいから、安曇野に白鳥を見に行こう ということで、お供をしました。
朝6時30分に我が家を出発。中央高速をひた走り、南アルプス連峰を眺めながら、豊科インターで降りる。
犀川の白鳥湖を目指し、午前10時に川原に到着。
白鳥観察館があって、白鳥の飛来数は、553羽と表示されている。
期待に胸躍らせながら、川原へと出てみる。最初に目に入ったのは、カモの大群でした。スワンはいずこ。
カモの種類は、オナガガモ、カルガモ、マガモ、ヒドリガモなどで他にキンクロハジロやホシハジロなどがいるそうです。最初の報告はここまでです。
もったいぶって、続く。
*non_nonさんのソースをお借りしました。サムネイルにマウスオンして下さい。
<
最初の休憩場所、釈迦堂サービスエリアには、遺跡博物館があります。1
< < < < <
< < < < <

駅前の静寂。殿ヶ谷戸庭園

 国分寺駅南口から歩いて3分に、都立殿ヶ谷戸庭園はあります。
この庭園は、元満鉄副総裁江口定條氏が別邸として造営したものです。
昭和4年に三菱財閥の岩崎彦弥太氏に買い取られ、和洋折衷の回遊式林泉庭園として完成しました。
 その後、昭和49年に東京都が買収するまで岩崎別邸として利用されていました。
国分寺崖線の段丘部に位置し、湧水が涌き、園内の次郎弁天池は、野川の水源の一つになっています。
冬場は、見るべきものはあまりありませんが、春の桜と秋の紅葉は見事です。
*non_nonさんのソースをお借りしてます。サムネイルにマウスオンして下さい。
<
殿ヶ谷戸庭園の入口です。大人150円。65歳以上70円。1
< < < < <
< < < < <
 

東御苑は休みだった

 月一回の定期健診(健康管理のため)のための採血に行った帰りに、皇居東御苑の様子を見に行きました。 東京駅丸の内中央口から真っ直ぐに皇居に向かい、噴水公園を経て、お濠沿いに大手門に行きました。  すると向こうからカメラを担いだ女性が一人帰ってきたので、もう撮影は終ったのかな早いなと思って、
大手門まで行くと「本日休園」という看板が出て看守が二人頑張っていました。  ガックリしてとぼとぼと帰ってきました。事前のリサーチが足りませんね。 どおりで人通りも少ないと思ったのよ。ただで転んでなるものかと周辺を撮ってきました。この辺が只者ではない。
只の負け惜しみですが。
*今回は、SAKURAの勉強室さんのソースをお借りしました。横のサムネイルにマウスオンして下さい。
BGMは入れてません。
<
<いつものように噴水公園を回ってお濠へ。1

<<>
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

副都心の静寂。新宿御苑。

 今日も寒かったですね。明日からも北からの巨大低気圧が日本列島を覆うようです。 その最中、カメラ教室で新宿御苑に行ってきました。正直言って見るものは、ほとんどありませんでした。  ここは、豊臣秀吉から関八州を賜った徳川家康が、江戸に入城する際に家臣の内藤清成(信州高遠城主)に授けた江戸屋敷の一部跡です。
 園内は、水仙は満開でしたが梅は、まだですね。ということで、御苑の冬景色を撮ってきました。
画像との空間が空き過ぎていますが、研究します。すみません。
***上記の空間ミスは、ゆら様とfu-ko様そして北斗様など多くの皆様の適切なアドバイスで一発で解決しました。
ご指導下さいました皆様に深く感謝申し上げます。今後とも皆様のご指導をよろしくお願いいたします。
*non_nonさんのソースが使えるので、使わせてもらいます。サムネイルにマウスオンして下さい。
<
葉を落した樹の間から光芒が差して。1
< < < < <
< < < < <

神代植物公園の睡蓮

 深大寺の隣に都立神代植物公園があります。春と秋には広大なバラ園が見事です。
ここは駐車場も広いので、通常なら入れますよ。梅園と桜も有名ですね。池には、カワセミも見かけます。
今は寒いので、温室や睡蓮池がいいですね。
 寒いのが苦手なので、今回は、同公園の睡蓮温室をご紹介します。
*北斗さんのソースをお借りしました。画面をクリックして下さい。10枚あります。


<<



初詣は、ゲゲゲの女房で

 FC2でブログを楽しんでいる皆さん、こんにちは。「西恋おじん」と申します。西恋ヶ窪という所に住んでいて、地元では西恋と言ってます。
 これまで3年間gooブログでお世話になってきましたが、この度ゆえあってこちらに草鞋を脱ぐことにしました。以後よろしうお頼申します。
 てな訳で、今年の初詣は、ゲゲゲの女房で有名になった調布市の深大寺へ行ってきました。テレビなどでも度々紹介されているためか、凄い混雑で、電車とバス利用で正解でした。調布市には、味の素スタジアムもあって、FC東京の本拠地にもなっていて、隣にはこれから頻繁に登場する都立神代植物公園がありますよ~。
 まだ、作成方法などが、よく分かりませんので、写真の羅列で失礼します。

①深大寺は、東京の調布市にあって、3月には、だるま市も開かれます。正月も売ってました。
深大寺
②山門は、藁葺き屋根で出来ています。
深大寺
③本堂は参拝客で溢れてました。
深大寺
④境内には、山茶花も咲いていました。
深大寺
⑤周辺には、こんな池もあります。
深大寺
⑥屋根に下駄を乗せた鬼太郎茶屋なんていう店もあります。
深大寺
⑦木の上に鬼太郎と目玉おやじが住んでいます。
深大寺
⑧テレビでも紹介されてましたが、フランス人の女性がソバクレープを焼いてます。
深大寺
 長くなるので、今回はこの辺で終わります。
今後ともよろしくお願いします。初心者だから大目にね!!今後ともよろしくを略して「こんよろ」ね。

テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

皆様、明けましておめでとうございます

  株価の下落と円高の進行が止まらないまま年が明けました。皆様には、ご健勝にて新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。(紋切り型ですねぇ。) 卯年ですね。兎ってなんで飼われているのですかねぇ。ペット・食肉用・毛皮用?  「因幡の白兎」「カチカチ山」「ウサギと亀」「ピーターラビット」などいろいろ物語りはありますね。
月にもいるなんてのは、ロマンチックでいいですね。バニーガールなんてのは最高ですね。
まぁ今年も楽しく暮らしましょう。年初に当たって改めて誓うことも思い浮かばないし、世間に迷惑を
かけず、ひっそりと暮らしていきますよ。飲み会でもあったら誘って下さい。
 先日、ブログ友から教えてもらった白鳥のいる川に行って来ました。40羽程が羽を休めていましたよ。
場所は、埼玉県川島町という所です。東武東上線の若葉という駅で、八幡団地行きのバスで15分ほどの
所です。バス停からは5~6分位で川に出ます。3月一杯はいるそうですから、興味のある方は、いらし
たら如何でしょう。
ということで、新年に当たって、白兎の代わりに白鳥をアップします。
 早くもマウスオンアルバムは、受け付けられません。止む無くこのスタイルで載せます。
*今年も、non_nonさんのソースを利用させて頂きます。サムネイルにマウスオンして下さい。
<
この時は、まだ50羽ほどでした。1
< < < < <
< < < < <

プロフィール

西恋おじん

Author:西恋おじん
当ブログにようこそ!!
旅行の写真や散歩の写真を気の向いた時に載せています。
余生を楽しく暮らしましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
今日のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。