スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷保天満宮の梅

 国立市の甲州街道沿いに谷保天満宮があります。東日本最古の天満宮で、亀戸天神、湯島天神と
並び関東三大天神と言われています。延喜三年(903年)に道真公の三子道武が父を祀るために
建てたといわれています。逸話として、目白で出開帳をした時が神無月であったため、狂歌師の
大田蜀山人が「神ならば出雲の国に行くべきに目白で開帳やぼの天神」と詠んだことから「野暮天」
という語がうまれたとか、道真公が亡くなった時に、三子の道武が父の尊容を自ら彫ったため、
それが余りにも素人っぽかったので、「野暮天」といわれるようになったとの説もあります。
どちらにせよ野暮天の発祥の地であることは間違いなさそうです。境内は梅が有名ですが、
撮影から少し時間が経っているので、今頃は見頃かもしれません。。
*sakuraの勉強室さんのソースをお借りしました。
*サムネイルをクリックして下さい。10枚プラス5枚構成です。
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<

< < < < <

スポンサーサイト
プロフィール

西恋おじん

Author:西恋おじん
当ブログにようこそ!!
旅行の写真や散歩の写真を気の向いた時に載せています。
余生を楽しく暮らしましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
今日のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。