スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの市民生活

 海外編第3弾として、カンボジアの市民生活をアップします。
今回の旅行をセットしてくれたご夫妻は、当地の小学校に、ボールペンやサッカーボールなど多数の品を
寄付しました。今回の旅行目的に入っていたようです。
中々出来ないことです。そこで、今回は、カンボジアの一般市民の生活のごく一部に触れたいと思います。
総面積は日本の半分で、人口は東京都と同じ1200万人です。
インフラ整備が極端に遅れていることから、外国企業の立地は困難となっています。
電力はタイとベトナムからの買電で賄っています。
月収はガイドのトム君で、600$程度。マンションは、3階建てのメゾネットタイプで600万円程だそうです。
普段の市民生活のごく一部ですが紹介します。金持ちもいます。
なんか社会派になったみたいですね。この路線でいこうかしら。

<
<
<
<
<


<  
絹織物工場1


<
<
<
<
<


スポンサーサイト

カンボジアの子供たち

海外第2弾として、カンボジアの子供達をアップします。 一般家庭の生活レベルがいかほどかはわかりませんが、私が見かけた子供達は、一応に人の顔を見ると「お兄さん。Give me one doller」といって手を出しました。観光地だけのことでしょうか?なんとも割り切れない感じを抱いた。日本もODAで道路や病院を作っているようですが、市民を直接支援する方策はないのだろうか?  それでも、子供達は一様に明るいのに救われる思いがしましたがね。う~ん?

<
<
<
<
<


    <
ボートから観光船に飛び乗って缶コーヒーを売る子供1


<
<
<
<
<


カンボジア紀行その1

海外旅行編の第一弾として、アンコールワットを中心とするカンボジア紀行をUPします。
昼間は33℃から35℃になる猛暑で、観光にも毎日2時間昼寝がついている。
道路は未整備で、街中茶色の埃が舞っている。地元の人でもマスクをしている人が多い。
そんな中アンコールワットを中心とする王宮や寺院を毎日見て周り、撮った写真が何処
なんだか全く分からなくなった。取り敢えずその1をUPします。
                        

<
<
<
<
<


<
アンコールワットの夜明け1


<
<
<
<
<


プロフィール

西恋おじん

Author:西恋おじん
当ブログにようこそ!!
旅行の写真や散歩の写真を気の向いた時に載せています。
余生を楽しく暮らしましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
今日のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。