スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都御所(京都の旅最終回)

 暑い暑いと怠けていたら、はや蝉の声も庭を渡る風も秋の気配が感じられるようになりました。立秋ですからね。
ということで、今回の主目的の「京都御所へと参りましょう。
京都御所は、桓武天皇が都を京に遷されてから、千年の間天皇のお住まいでした。そして今も歴史的建造物が大切に保存されています。だから歴史の浅い東京の人は、京都に憧れや郷愁みたいなものを感じるのでしょうね。東京の歴史は薄っぺらですから。
京都御所は、その古来の内裏形態を今日まで保存している由緒あるものですからね。現在の建物は、安政2年(1855年)に造営されたものです。築地塀に囲まれた面積は、11万㎡あり、六つの門があります。即位の礼などを行った紫宸殿は、前庭を回廊が巡り、日華門、月華門、承明門などの門が開いています。紫宸殿(天皇の即位、元服などが行われた)の西北に天皇が政務を執った清涼殿、東北に諸大名との謁見などに用いられた小御所などがあります。
じっくりと雅の世界に浸ってまいりました。

暫く、お休みをいただきます。再開の時には、またよろしくお願いいたします。

1-京都2Jpeg17547
御所への一般入口。

1-京都2Jpeg17550
御車寄せ。

1-京都2Jpeg17558
諸太夫の間。訪問客の控えの間。

1-京都2Jpeg17575
承明門から紫宸殿を見る。

1-京都2Jpeg17579
天皇と外国の元首のみが利用できる最も格式の高い建礼門。

1-京都2Jpeg17582
紫宸殿の方角から放射状の雲が現われました。天孫降臨か?

1-京都2Jpeg17587
大正天皇の即位の礼に使われた春興殿。

1-京都2Jpeg17600
天皇の日常生活が行われた清涼殿。

1-京都2Jpeg17616
諸大名との謁見などが行われた「小御所}。

1-京都2Jpeg17620
回遊式庭園の御内庭。

1-京都2Jpeg17629
天皇の日常生活の場として用いられた御常御殿。右近の桜・左近の橘があります。

1-京都2Jpeg17618
御学問所。

1-京都2Jpeg17634
七夕、盂蘭盆会などが行われた「御三間(おみま)」の廊下の襖絵。

1-京都2Jpeg17635
同じく「御三間」の襖絵。

1-京都2Jpeg17638
御所内を1時間案内して頂いたのですが、広大で建物が多く、思い出せません。写真は沢山あるのですが、今回はこれまで。ご覧いただいた皆様,分かり難くて、ご免なさい。
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

能登は「まれ」のまち

  1週間前に50年来の付き合いのある同期会6人で、能登の旅に行って来ました。
北陸新幹線開通に湧く石川県ですが、敢えて電車を避けて空路で「能登さと山空港]へ。
お天気は最高で、現地では、バスツアで能登半島を一周。中国の留学生8人と同乗し、仲良く旅をしました。
八重桜が満開で綺麗でしたよ。白米の千枚田、漆工房、巌門、輪島の朝市などを周って再び空港からお帰り。
空港からはバスで自宅のある駅まで。これ楽ですね。1600円で帰れました。
桜の時期も終わっていたので、比較的に空いてましたね。「まれ」の看板だけが目立ってましたがね。
午後4時に羽田をたって、翌日午後6時に羽田に帰るという「弾丸ツアー」でありました。

1-能登観光Jpeg16194
長い階段を降りると広重の描いた「巌門」に下りる。帰りがきつかった。

1-能登観光Jpeg16208
初日は巌門だけで和倉温泉のホテルへ。能登半島に落ちる夕陽.。牡蠣の養殖筏と風力発電のプロペラが見える。見えない?見えるでしょ。

1-能登観光Jpeg16220-001
翌朝、漆塗り工房へ。お値段を見ると手が出ませんね。

1-能登観光Jpeg16216-001
漆を絞る工程。

1-能登観光Jpeg16219-001
塗の工程など詳しく説明してくれた。買えるのはお箸くらいですよ。

1-能登観光Jpeg16223-001
輪島の「朝市」へ行く途中の川に八重桜が満開でした。

1-能登観光Jpeg16224-001
お得意の下水道の蓋です。「御陣乗太鼓」。自分の影が写るので斜めになってしまった。

1-能登観光Jpeg16230
「朝市」が並ぶ通りです。

1-能登観光Jpeg16234-001
「蛸の干物」。このまま空に飛ばせるかも。

1-能登観光Jpeg16240
「白米の千枚田」。まだ水が半分しか入ってなかった。数えると千枚以上あるそうです。

1-能登観光Jpeg16256-001
稲穂が出てくる時期が一番美しいのでしょうか。

1-能登観光Jpeg16271-001
川沿いに大量の「鯉のぼり」が泳いでました。

1-能登観光Jpeg16288-001
能登半島の最先端「禄剛崎」。ここから朝日も夕陽も見えるそうですよ。

1-能登観光Jpeg16287-001
こんな表示もありました。東京は322kmです。釜山は近いですね。

1-能登観光Jpeg16298-001
「ランプの宿」です。予約が取り難いそうです。屋根瓦が黒いのは、雨が多いための浸み込み防止に能登では、瀬戸物を使っている。

1-能登観光Jpeg16321-001
「のと里山空港」には、「まれ」のデコレーションケーキが飾ってあります。有名なパテシエの辻口さんはここの出身でお店もあるそうです。

長野県阿智村の桜など

  これも遅くなりましたが、4月8日・9日と長野県の阿智村に行って来ました。
写真の先生が本拠地として写真サロンを開設したのを見学がてらの撮影会です。
民家を改造して地元とのタイアップで、写真の展示室と宿泊拠点、喫茶、土産物などを扱っています。
阿智村には、村のそこここに桜が咲いています。南信州ですが、行った時には、まだ桜が咲いていました。
お寺と神社には、必ず大きな桜の木があります。
綺麗な川も流れています。
そういえば、去年行った「かぁべぇ(吉永小百合主演)」の舞台となった隣町の「杵原学校」の桜も綺麗だったなぁ。

1-1504阿智村桜Jpeg16065
村内の民家の桜。祠もあります。

1-1504阿智村桜Jpeg16082
椿が散って、桜が咲いて。ちょっと風情がありますね。

1-1504阿智村桜Jpeg16092
農家の庭に咲く「枝垂れ桜」。

1-1504阿智村桜Jpeg16105
天竜川に注ぐ川の上の方にも桜が。

1-1504阿智村桜Jpeg16122
神社の桜。

1-1504阿智村桜Jpeg16143
田圃の周りにも桜が。

1-1504阿智村桜Jpeg16155
開設したギャラリー「GOKA 彩の里」。

1-1504阿智村桜Jpeg16151
「彩の里」内部。

1-1504阿智村桜Jpeg15981
「ボケ」だったかなぁ?聞いたけど忘れた(本人がボケ)。

1-1504阿智村桜Jpeg15991
川沿いにも一本咲いてました。

1-1504阿智村桜Jpeg16019
村の外れに黄水仙と桜が咲いてました。

1-1504阿智村桜Jpeg16020
お地蔵さんも桜を見てました。

1-1504阿智村桜Jpeg16028
村の交差点に咲いていた桜。

1-阿南2Jpeg11623
隣町の阿南町にある「かぁべぇ」の舞台となった「杵原学校」の桜。

テーマ :
ジャンル : 写真

忙しい振りをして

 は~い。皆様、超お久し振りです。 忙しかったのは事実ですが、こんなに長期に休む積もりでは、ありませんでした。
 兎に角何とか元気っぽくやってます。暖かくなったので、やや真面目に続けますので、よろしくお願いいたします。
前回の犀川の白鳥さんは、まだ数十羽残っているそうですが、今月中には、みな帰ることでしょう。
東京では、桜の開花宣言があったので、満開になる前に安曇野の後半を載せます。
いつもの大王わさび農園の写真です。

1-安曇野2Jpeg15469
わさび農場の横を流れる蓼川。奥に南アルプスが見えます。

1-安曇野2Jpeg15476
水藻と立木の映り込みが好きです。

1-安曇野2Jpeg15484
水車に氷が張りついていました。

1-安曇野2Jpeg15485
ここを舞台にした映画「夢」の説明板があります。

1-安曇野2Jpeg15486
水車小屋には、雪が残っていました。

1-安曇野2Jpeg15490
上流側はこんな感じです。

1-安曇野2Jpeg15501
下流に向いて、左が蓼川、右が万水川と言います。

1-安曇野2Jpeg15503
道祖神もあります。

1-安曇野2Jpeg15506
大王わさび農場の地図です。

1-安曇野2Jpeg15510
わさびの新芽が出ていました。

1-安曇野2Jpeg15513
今回はこれでおしまいですが、今後頑張ります。よろしくお願いします。

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお付き合いの程をお願い申し上げあげます。
新年早々、自身の体調を崩したのとPCの具合が悪かったので、ご挨拶が遅くなりました。
昨年は、巨大台風による水害・土砂崩れ・風害、記録的猛暑、火山噴火、長野の震災、記録的豪雪など自然災害が近年になく多い年でした。
昨年の漢字一文字は「税」でしたが、「災」の方がふさわしかったのでは。
 さて、ひつじ年はは、家族の安泰と平和が訪れる年だといわれていますが、本当にそうなって欲しいものですね。
皆様のご健康とご多幸をお祈りします。
*コメント欄は閉じています。

1-阿智村の柿Jpeg15276
初夢宝くじで「千両箱」が欲しい私です。>br>  
プロフィール

西恋おじん

Author:西恋おじん
当ブログにようこそ!!
旅行の写真や散歩の写真を気の向いた時に載せています。
余生を楽しく暮らしましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
今日のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。